MENU

勃起不全や中折れは男性ホルモンの生成量の減少が原因

中折れ,勃起不全,原因・対策

勃起不全は男性器自体が勃起しない状態にあり、中折れは男性器が初めは
勃つのですが性行為中に急に勃起しない状態に陥り、長時間の勃起状態を
維持することができない状態です。

 

男性やそのパートナーにとっても悩みとするケースも多く、性行為自体を楽しむことができず、
苦痛に感じることも多くなります。

 

勃起不全や中折れの原因は、勃起を促す男性ホルモンの生成量が年齢とともに
減少することで、それが直接的で主な原因となります。

 

男性ホルモンの役割には性的欲求を高め精子の量を増やし、身体を活性化させる働きがあります。

 

仮にそれが減少してしまうと精力が減退状態となり、勃起状態を長時間と維持することが出来なくなります。

 

男性ホルモンを増加させるには

その量については、思春期から20~24歳ぐらいでピークを迎え、その後は年齢を重ねるごとに徐々に減少していきます。

 

思春期から20~24歳ぐらいは、長時間の男性器の勃起状態を維持できたのに、年齢を重ねたらそういった若い時の様に勃起しなくなったというのは、
まさにそれが原因です。

 

なお勃起不全や中折れを解消させる方法としては、男性ホルモンを増加させることが必要不可欠となり、
手っ取り早い方法としてサプリメントの摂取が効果的です。

 

サプリメントには精力を増強する有効な成分が配合されており、その成分を摂取することで勃起しやすい体質になることができます。


中折れはストレスが原因であることがほとんどです

勃起不全は男性の心にとっては辛い症状ですし、男性としての尊厳にもかかわっていると言っても過言ではありません。

 

勃起不全の症状の中でも最も多く現れる現象が中折れです。

 

中折れとは性交の途中で萎えてしまうことを言います。

 

若かった頃には途中で萎えることなどあり得なかったので、中折れを体験することは男性にとっては老いを感じさせるショッキングな
現象なのです。

 

中折れの原因のうち、最も多いのは精神的なストレスによるものです。

加齢や生活習慣でなりやすい動脈硬化による血行不良や加齢による男性ホルモンの分泌の減少などが原因の場合もありますが、
心因性の方が多いとされています。

 

ストレスによるものかどうかを判断する上で分かりやすいのが一人でマスターベーションを行っている時に勃起するどうかです。

 

一人で行っている場合に勃起するのに、いざパートナーとの行為に及ぼうとすると途中で萎えるのが中折れなのです。

 

ストレスが原因の場合は、パートナーに自分の体のことを理解してもらえるようにしっかりと話し合ったり、心の不満をため込まないようにすることが大切です。

 

ストレスは男性ホルモンの分泌量にも悪影響ですから、規則正しい生活を送るなどしましょう。

中折れ対策としての精力剤サプリメントについて

男性の場合、30代、40代となって中年といわれる年齢に差し掛かってくると、性行為の最中に徐々にEDに近い症状が出始めてくる人が
多くなってきます。

 

その症状としてまず考えられるのが、行為の最中に中折れ状態になる、ということです。

 

こうなってしまうと、行為を最後まで持続できないので、相手の女性を満足させられず、男女の仲にもいい影響を及ぼしません。

 

そのため、中折れ状態が頻発するようならば、精力剤サプリメントを服用して、状態の改善に取り組む必要があります。

 

たくさんある精力剤サプリメントの中でも、最もポピュラーな精力剤サプリメントがシトルリンでしょう。

シトルリンは西瓜に多く含まれている成分で、食品に存在する成分ということで副作用の心配があまりなく、摂取しやすいサプリです。

 

シトルリンの主な作用は血流改善で、これによって男性自身に飲む前よりも多くの血液が流れることによって、硬度が増し、
中折れ状態がある程度改善できる、というわけです。

 

また、もう1つポピュラーな精力剤サプリメントがマカです。

 

マカは南米のアンデス山脈の高度四千メートルの過酷な環境に生育する植物で、昔より精力増強に効果があるとされてきました。

 

具体的には、アルギニンやアルカロイド、アスパラギン酸といった成分が、中折れ対策に効果がある、とされています。

 

これらのサプリを自分の体質に合わせて服用することで、中折れ状態からの脱却を期待することができます。

 

[中折れを解消する対策|勃起不全の原因と改善方法]関連情報